がん治療のための専門施設 がんセンター

各室のご案内

Treatment

がん登録室

がん登録室長
医歯薬総合研究所 医療開発研究部門 特任教授

西塚 哲

Satoshi Nishizuka

がん登録とは

 日本でがんと診断されたすべての人のデータを一つにまとめて集計・分析することによって、がん医療の向上や、がん予防、がん検診を進めることができます。その中心的な役割を果たすのが、がん登録です。病院単位で集計を行う「院内がん登録」と全国や都道府県全体をカバーする「全国がん登録」により、日本のがん情報が作成され、がん対策へ活用されています。

 がん登録に関する詳しい情報は、国立がん研究センターが運営する「がん登録・統計」サイトにて知ることができます。

当院の取り組み

 当院では、2007年4月より厚生労働省が定める「標準登録様式」に基づく院内がん登録を開始いたしました。また、2016年の「がん登録等の推進に関する法律」の施行に伴い、この法律に従い院内がん登録を実施しています。

 登録は、国立がん研究センターより認定を受けた専門知識を持つ実務者が行い、国立がん研究センターへ院内がん登録情報を提出するとともに、岩手県へ全国がん登録情報を提出しています。

 これからも患者さんへの適切な医療の提供のために、より高い精度での登録を心がけてまいります。どうぞ皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

個人情報の取扱いについて

 院内がん登録により得られた情報は、「個人情報保護法」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」および当院の個人情報保護規程を遵守し、適切かつ安全に管理しています。

スタッフ

がん登録室長
西塚 哲(医歯薬総合研究所医療研究開発部門 特任教授)
登録実務担当者
院内がん登録実務 中級認定者 3名
がん登録実務 初級認定者 1名

お知らせ

 当院では、国立がん研究センターが実施する「がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究」に参加しています。研究内容の概要は、以下の資料をご覧ください。

院内がん登録実績

院内がん登録集計データ

 当院は、2008年2月に厚生労働省から「都道府県がん診療連携拠点病院」の指定を受けたことから、厚生労働省が定める「標準登録様式」に基づく院内がん登録を実施し、毎年、国立がん研究センターへ匿名化したデータを提出しています。

最新データ(2018年)

※上記集計は、四国がんセンター様のご厚意によりご提供いただいた集計フォーマットをもとに行っております。

「がん診療連携拠点病院等院内がん登録全国集計」
「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」

バックナンバー

ページの先頭へ