がん治療のための専門施設 がんセンター

各室のご案内

Treatment

がん診療連携室

がん診療連携室長
泌尿器科 教授

小原 航

Wataru Obara

1. 業務内容の紹介

 当院は2019年9月21日より、矢巾町の岩手医科大学附属病院と盛岡市の内丸メディカルセンターの2病院での診療体制をスタートさせました。それぞれに新たに患者サポートセンターを設置し、多職種が共同で業務を行っております。また、その業務の一部として地域連携部門が稼働しております。
 がんセンターとしては、岩手医科大学附属病院患者サポートセンター地域連携部門内にがん診療連携室を設置し、① 紹介患者様の受付、② セカンドオピニオンの受付、③ がん連携パスの対応を主な業務としております。主な業務内容としては以下のとおりです。

① 紹介患者様の受付

 当院のがんに関する診療体制は、診療科によって初診受付窓口が内丸メディカルセンターの場合もございます。化学療法、放射線治療、手術については岩手医科大学附属病院で治療を行っております。詳細は当院のホームページをご確認ください。また、スムーズな受診とするために、かかりつけ医がある場合には事前にFAXを送信していただくようかかりつけ医にご相談いただきますようお願いいたします。岩手医科大学附属病院おいては、原則として他の医療機関からの紹介状が必要となりますので、必ずご相談いただきますようお願いいたします。

岩手医科大学附属病院 患者サポートセンター

電話 019-613-7111(代表)内線:4151
FAX 019-611-8071

② セカンドオピニオン受付

 当院を受診中ではない患者様に対して、セカンドオピニオンをお受けしております。セカンドオピニオンとは、患者様が現在治療を受けている病気や医療の理解を深めるため、主治医以外の専門医の意見を聞いて、患者様が最良の治療方法を選択する際の手段として役立てていただくものです。ご相談をご希望の場合には事前に当室宛にお電話をいただきますようお願いたします。

③ がん地域連携パス

 当院では地域連携パス(胃がん、大腸がん、肝がん、肺がん、乳がん、前立腺がん)を取り入れ、地域の医療機関との連携を密にした地域完結型医療の実現を目指しております。パスを利用することで地域のかかりつけ医の先生方と当院とが協力して情報交換を行い、患者さんの視点に立った、安心で質の高い医療を提供することができますので、利用を希望される場合には主治医にご相談ください。

各室報告

ページの先頭へ