看護部門
看護部

業務内容・取り組み

 特定機能病院であり、地域医療の中核的役割を担う基幹病院として高度医療を提供するとともに、地域との連携や多職種との連携を重視した看護の提供を行っています。
 看護部が目指す姿として、看護職員一人ひとりがプロフェッショナルとしての自覚をもち、自己の能力を磨きながら、高い技術と豊かな感性を兼ね備えることです。そして、地域の期待に応えるべく、水準の高い看護はもちろんのこと、患者さんの意思を尊重し、ニーズや想いを大切にした看護を実践しています。
 この基盤になっているのが看護部の理念である、「やさしさと思いやりの心・倫理観をもった看護」にあります。やさしさと思いやりの心とは、意識しなくても、誰に対してもできる「笑顔」・「気遣い」・「心配り」のある看護を意味します。これは、ケアの本質ともいえる「相手に対する関心をもつ」ということです。私たちは、患者さんやご家族の困りごとに焦点を当て、途切れないケアを行うことで、QOLに良い影響をもたらすかを日々実感しています。
 また、教育体制・人材育成の充実を図っており、ジェネラリストのナースの育成や専門看護師や認定看護師、特定看護師など専門性の高い看護実践者も多数存在し、様々な分野で活躍しています。
 そして、「いかに患者さんに目を向けてもらえる病院になるか」であり、看護サービスの視点から問題を整理・現場を変化させ、患者さんとご家族の満足度をあげるため、看護の質と量の両面において看護部として戦略的な方針をもって取り組んでいます。

BACK TO TOP