センター長のあいさつ

下沖 収

内丸メディカルセンター センター長
下沖 収

 本学附属病院は、明治30年(1897)4月に私立岩手病院として創設されて以来120有余年、盛岡市の中心部である内丸の地に脈々と歴史を刻んで参りました。この間、数多の医療人を輩出し、高度医療の発展や地域医療の充実に尽力して参りました。令和元年(2019)9月、将来にわたりさらなる高度先進的医療を提供し、教育環境を充実させていくために、狭隘となった内丸から広大な矢巾地区へと新附属病院を移転するに至りました。と同時に本学の淵源の地である内丸には岩手医科大学附属内丸メディカルセンターが誕生いたしました。
 我が国は世界に類をみない速さで超高齢社会に突入しました。それに伴い医療に対するニーズの変化、社会保障費の増大、医療資源の偏在など、大きな課題に直面しております。医療提供体制の変革が求められ、キュアとケア、細分化と総合化、機能特化と地域連携、高度先進医療とプライマリ・ケアは、何れも重要な二本の柱として、医療機能の役割分担と同時に、多職種・多方面にわたる連携強化が求められております。新付属病院と内丸メディカルセンターは密接な連携のもと、このような時代の要請にお応えする新しい医療提供体制の形を目指して参ります。
 内丸メディカルセンターでは、日帰りまたは短期入院での迅速な検査・診断を行う高規格の外来機能に加え、患者さんを総合的に診るプライマリ・ケアの充実も目指します。これらの機能を一体的に運用し、医師会や関係機関と協力しながら、新たなスタイルの地域医療の拠点施設を目指して参ります。矢巾と内丸の二病院体制での運用は、ときにご不便をおかけすることもあるかと存じますが、皆様の療養環境の充実、新時代の医療提供体制構築と優れた医療人育成のため、ご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。
 内丸メディカルセンターは、「地域の皆様に、良質な医療を、まごころをこめて提供します」の理念の元、職員一丸となり取り組んで参りますので、これまで以上のご支援を賜りますよう重ねてお願い申しあげます。


ページトップ