医療の質・安全管理部門
医療安全管理部

業務内容・取り組み

 内丸メディカルセンターは、地域に密着した医療機関として岩手医科大学附属病院と緊密な連携を保ちながら、高度診断機能を充実させ、根拠に基づいた患者本位の医療の提供に取り組んでいます。人口高齢化と医療の一層の複雑化から、適切で質の高い医療を安心して享受できることが望まれています。当院で医療を受けられるすべての患者さんに安全で質の高い医療の提供に積極的に取り組むため、内丸メディカルセンター長の権限に属する独立した医療安全管理部が設置されました。医療安全管理部部長(医師)、医療安全管理部副部長(検査技師)をはじめ、兼任看護師長(医療安全管理者)、専従看護師、事務等多職種により構成され、インシデント・アクシデント報告の収集分析、医療安全対策マニュアルの見直しや作成、平時からの安全対策に加え医療事故発生等有事の対応も行っています。患者さんが安心して医療を受けていただける環境作りに積極的に取り組み、内丸メディカルセンターの理念・基本方針である「地域の皆様に、良質な医療を、まごころを込めて提供します」の実現に向け日々活動しています。

医療安全管理体制

 当院には、医療安全対策の最終議決機関として位置づけられる内丸メディカルセンター部門代表者会議の下、医療安全管理部、医療安全対策委員会、医療管理放射線委員会が設置されています。医療安全対策委員会は、内丸メディカルセンターにおける医療安全管理対策を総合的に企画、実施するため、月1回リスクマネージャーを招集し、インシデント・アクシデント報告等で得られた事例の発生要因、再発防止策の分析、検討を行うほか、これらの決定事項の実施・周知・検証を行っています。なお、医療安全対策委員会の中には、看護部会が設置され、それぞれ関連したテーマに基づき、より具体的な改善策を立案・実施・検証を行っています。

BACK TO TOP