中央診療部門
臨床工学部

業務内容・取り組み

臨床工学部門は、院内各所、多種多様に存在する医療機械の効率的運用、および安全管理を目的として、医療機器の中央管理業務を主体として1997年に開設されました。2021年4月現在、臨床工学技士(CE)は38名在籍し、矢巾附属病院で4,200件程度、内丸メディカルセンター(歯科医療センター含む)で1,200件あまりにも及ぶ、膨大な医療機器について保守管理業務を担っております。
また、人工呼吸器や血液浄化装置、補助循環装置といった、生命維持管理装置に関する専門知識・技術のスペシャリストとして、様々な臨床業務への業務支援・技術提供を日々行っており、その多くのスタッフが、関連学会の認定資格を取得し、臨床の現場で活躍しています。
医療機器の操作および保守点検を通じ、質の高い安全な医療を提供し、病院機能の向上に貢献することを基本方針としており、臨床業務を通じて、チーム医療に貢献していきます。

【矢巾地区】

矢巾附属病院では、2019年9月に実施された病院移転に伴って、特定機能病院として、より高度な医療技術を提供できる環境が整備されました。入院における周術期や、専門外来へ通院される患者様において、不測の事態が発生した際に迅速な対応を可能にするため、担当スタッフによる当番oncall体制は維持しつつ、日勤・夜勤の2交代制勤務を導入し、24時間CEが院内に常駐する体制を構築しております。
増加する臨床業務・手術件数と、新規導入される高度な医療機器操作を通じて、患者様への安全を提供することの重要性から、CEが関与する臨床業務は、院内の中心的診療の一つといえます。

【内丸メディカルセンター】

機器管理センターとして、医療機器の保守管理を中心に医療機器の適正運用と資質の向上を図り、安全性向上および医療資源の有効利用へ寄与しております。

部門の概要(2021年4月現在)

臨床工学部長…1名
臨床工学技士長…1名
主任臨床工学技士…2名
臨床工学技士…34名
事務員…1名
計 39名

認定資格

3学会合同呼吸療法認定士
体外循環技術認定士
不整脈専門臨床工学技士
血液浄化専門臨床工学技士
認定医療機器管理臨床工学技士
透析技術認定士
心血管インターベンション技師

その他

日本DMAT
岩手DMAT
PALSプロバイダー

臨床工学部の業務(2021年4月時点)

矢巾附属病院

院内医療機器の中央管理を一手に担うCEセンターとして、病院機能の中枢となる手術部・集中治療部に隣接した4階フロアに位置しております。これにより、生命維持管理装置の操作および管理の面から、スタッフ動線を考慮した場所に配置され、万が一の際にも迅速な対応を可能としています。

  • 医療機器保守管理部門
  • 手術部門
  • 血液浄化部門
  • 集中治療部門
  • 血管造影・心臓カテーテル部門
  • デバイス外来

内丸メディカルセンター

外来機能を中心とした病院運営に合わせ、院内医療機器の保守管理を実施しております。また、矢巾附属病院と連携して、植込み型心臓デバイスの外来管理業務を担っております。

  • 医療機器保守管理部門
  • デバイス外来

 

  

 

BACK TO TOP