中央診療部門
中央手術部

業務内容・取り組み

中央手術部は、手術が安全かつ効果的に行われるよう手術に必要な機材や人員が集中的に配置され、各診療科の診療及び患者の看護に貢献するよう企画運用されています。
22診療科の手術対応をしており、24時間、急患手術の受け入れもしています。手術室数は20室あり、ハイブリット手術室や放射線治療システム、CT装置など高性能な医療機器が完備されており高度医療を担っています。
手術室は、麻酔科医師、看護師のほか、薬剤師・臨床工学技士・放射線技師などの多職種が専従で、専門的な業務を行っており、安全な手術医療提供のため、多職種連携が強化されています。

BACK TO TOP