卒後教育部門
医師卒後臨床研修センター

業務内容・取り組み

センターでは当院独自の2つの研修プログラム(基本および産婦人科・小児科・周産期)に基づいて卒後2年間の研修指導とその後の専門研修の支援を行っております。本学の建学の精神である「誠の人間の育成」に基づいた高い倫理観と利他精神・社会性を身につけるよう研修を行っております。当院の研修プログラムの特徴は、大学病院ならではの充実した教育スタッフ陣のもとで専門性の高い高度医療を経験できることと、自由なプログラム選択による「たすきがけ」研修による第一線での地域医療を経験して基本的なプライマリケアを広く修得できることにあります。センター内には、研修活性化委員会を設けて研修改善活動を行なっております。様々なセミナーや研修医同士の勉強会など積極的な活動をサポートしています。定期的な面談や客観的な能力試験を行い、研修の進捗状況の確認や研修での課題克服に指導医が親身に指導を行なっています。県内12の臨床研修病院による「イーハトーヴ臨床研修病院群」の活動にも参画しており、他の研修病院と一丸となって良医の医師の育成に取り組んでいます。

医師卒後臨床研修センターHP
https://www.hosp.iwate-med.ac.jp/resident/

BACK TO TOP