看護部門
看護部

 病院の理念である「地域の皆様に、良質な医療を、まごころをこめて提供する」ために、地域との連携やチーム医療の推進を重視した看護を提供しています。
 看護部が目指す姿は、看護職員一人ひとりが専門性を発揮し、あらゆる場面で責任ある看護を実践することです。そして、地域の期待に応えるべく、水準の高い看護はもちろんのこと、患者さんの意思を尊重し、想いを大切にした看護を実践しています。
 この基盤には看護部の理念である「やさしさと思いやりの心、倫理観をもった看護」があります。やさしさと思いやりの心とは、「笑顔」「気遣い」「心配り」を意味します。これは「相手に対する関心をもつ」ことです。注意やもてなしの心をむけ、相手の心の中をおもい、相手を理解し寄り添えるよう、高い倫理観をもって看護することが、患者さんやご家族、地域の皆さん、共に働く職員にも良い影響をもたらすことを実感しています。
 教育体制・人材育成では、附属病院の教育計画に則り、充実を図っています。また、地域連携の強化に係る研修も実施しています。

大学・病院・看護部理念

誠の精神に基づく、誠の医療の実践

「地域の皆さまに良質な医療をまごころをこめて提供します」

病院の理念に基づき、やさしさと思いやりの心
倫理観をもって、質の高い看護を提供します

看護部方針

  1. 患者の意思を尊重し思いやりのある看護を実践します。
  2. 患者に安心・安全な看護サービスを提供します。
  3. 患者を中心としたチーム医療を推進します。
  4. 自律した専門職業人として、主体的に行動できる看護職を目指します。
  5. 組織の一員として積極的に病院経営に参画します。
  6. 実践・教育・研究を通して、看護の専門性を発揮し地域医療に貢献します。

看護部目標

「専門性を発揮し、あらゆる場面で責任ある看護の実践」

  1. 倫理感性を養い看護ケアの向上
  2. 身体拘束をしない看護
  3. 危機管理能力の向上

内丸から地域へ
 在宅医療・生活を支える訪問看護の実践

BACK TO TOP