医科
臨床検査科

  • 臨床検査科は、平成20年4月1日から新設された標榜科のひとつです。血液や尿などの検体検査、心電図や呼吸機能など生理検査を通じて、患者さんを診療しています。また、人間ドックや一般健康診断を取り扱い、広く予防医学に貢献しています。
    日々の業務としては、健康診断などで異常値を指摘された受診者の受け皿として、また臨床検査全般に関する相談窓口として診療を行っています。また、一般健康診断(就業や就職時の提出用)業務、当院人間ドックやミニドックの受診者への結果説明・生活指導・専門診療科への受診相談などを行っています。
    臨床検査医学領域は、平成30年4月から開始された新専門医制度において、日本専門医機構の認定する19の基本専門領域の1つとなり、当院は臨床検査専門医資格を取得できる岩手県で唯一の基幹認定研修施設となっています。当科には、3名の臨床検査専門医が勤務しており、充実した研修が行えます。
    平成30年12月から、臨床検査の精度管理に関する医療法が施行され、医療機関等の中で検体検査を行う場合の施設の構造設備等並びに精度の確保の方法等に関する基準が創設されるなど、今後、医療に占める臨床検査の位置づけがますます重要になってきます。その意味で当科は、臨床検査に対する総合的な窓口として、患者さんに真摯に対応してゆきたいと考えています。


ページトップ