医科
放射線診断科・放射線治療科

  • 放射線医学は新しい診療科で、磁気共鳴画像のような放射線を用いない検査も含めた各種画像診断、放射性同位元素を用いた診断と治療、悪性腫瘍の放射線治療を主な守備範囲にしています。業務の多くは、他の臨床各科の診断・治療のサポートであり、放射線科を直接受診される方は少ないのですが、病院の機能の一翼を担っていると自負しています。
    IVR(インターベンショナル・ラディオロジー)は、X線などの画像診断装置を用いて体内の状況を把握しながら、体の表面の小さな穴から体内にカテーテルその他の特殊な器具を挿入して治療を行うものです。体を切ることで直接病巣を見ながら治療する外科的治療に比べ、体への負担が少ない低侵襲治療である点が特徴です。当院では、各科の医師との協力体制のもとに、治療法の選択、治療、その後の経過観察を行っています。主な治療内容は以下の通りです。

    動脈塞栓術

    腫瘍の治療や、出血を止めたり予防するために行います。
    −対象となる疾患−
    肝臓癌などのがん、消化管出血、喀血、外傷による出血(肝破裂、脾破裂、腎破裂、骨盤骨折など)、子宮筋腫(UAE)

    動注療法

    動脈に、抗がん剤などを直接注入する治療法です。血管造影の検査と同じ方法で行う場合と、治療を外来で繰り返し行うことができるようにカテーテルとポートと呼ばれる医療器具を体内に埋め込む手技を行ってから治療を行う場合があります。
    −対象となる疾患−
    肝臓癌、頭頚部癌など
    特に、頭頚部癌では、進行癌でも機能・形態を温存できる治療法として注目されており、頭頸部外科や口腔外科と連携し、良好な治療成績が得られています。全国多施設共同試験にも参加し、精度の高い治療を行っています。

    CTを利用した生検、経皮的ドレナージ、椎体形成術

    CTを用いることによって正確に病変に針などの器具をすすめて検査をしたり治療をします。
    −対象となる疾患−
    肺腫瘍、骨腫瘍などの病理組織検査、胸部、腹部、骨盤部などの膿瘍、椎体の骨腫瘍

    中心静脈栄養ポート留置術

    栄養補給や薬剤投与のため長期間にわたって濃い点滴をしたり頻回に点滴する必要がある場合、カテーテルとポートと呼ばれる器具を体内に埋め込む手技を行い、入院だけでなく外来や在宅での点滴治療を行うようにできる治療です。

    放射線治療

    当科では以前より悪性腫瘍に対する放射線治療を行っています。化学療法(抗腫瘍薬剤)や外科治療との併用により、腫瘍の効果的な抑制をはかっていますが、早期の腫瘍では放射線治療のみでも根治が期待できることも少なくありません。平成10年以降、新しいコンピュータ制御による治療装置が導入され、病巣に対して高い精度での放射線照射が可能になりました。また、小さな放射線源を体内の病巣に導入し、病巣に集中的に放射線を照射する小線源治療機も配備され、可能な限りの状況に対応できる放射線治療の体制を整えています。

  • 多くの方には関係各診療科に入院していただいて放射線治療を施行しています。原則として放射線治療には入院の必要はありませんので、外来での治療も可能です。当科初診で入院される方は、中病棟8階に入院していただきます。その場合での、関係各科と連携して治療にあたっています。
    インターベンショナル・ラディオロジーにおいても、肝腫瘍の動注療法などの場合に放射線科の病棟に入院していただくことがあります。生活の質をできるだけ維持したまま腫瘍の治療にとりくめるよう、外来での治療に安心して移行できるよう努めております。


ページトップ