医科
泌尿器科

  • 泌尿器科は尿や男性の生殖に係わる疾患を扱う診療科です。当科では腎臓や、尿管、膀胱などの尿路臓器、前立腺や精巣などの男性生殖器を専門的に診療しています。これらの臓器におこるいろいろな病気を、超音波、CT、MRI、PET、軟性膀胱鏡などの最新機器を駆使して的確に診断し、患者さんやご家族が求められる最適な治療を提供します。

    ・外来でみられる具体的な病気は、腫瘍(副腎腫瘍、腎癌、腎孟尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、陰茎癌、精巣腫瘍など)、下部尿路症状(前立腺肥大症、過活動膀胱、腹圧性尿失禁など)、尿路結石症、尿路精路感染症、小児泌尿器疾患、女性泌尿器疾患、男性性機能障害、男性不妊症、慢性腎疾患(糸球体腎炎、糖尿病性腎炎、腎不全など)などです。

    ・矢巾外来は入院患者さんの対応と外来化学療法の診察を主に行っております。

    ・内丸一般外来は、新患、再来ともに午前の診察を毎日受けつけます。火曜日以外は、午後に再来の診察を受けつけます。なお、診療を円滑にするため、他の医療機関からのご紹介の場合はできるだけ診療情報のご提供と事前予約をお願いしています。また、再来も予約診療を優先させていただいています。

    ・内丸特殊外来には、腎疾患外来(月、火)、移植外来(木、金)と前立腺癌小線源治療新患外来(木曜午後、要予約)があり、専任の医師が担当しています。腎疾患外来では、蛋白尿や腎機能障害の治療、移植外来では腎移植の相談窓口やケアを担当しています。前立腺癌小線源治療新患外来では、小線源治療や強度変調型外照射治療のご相談を受けつけます。

    ・当院は都道府県がん診療連携病院や県内唯一の特定機能病院に制定されており、当科では腎、膀胱、前立腺などの悪性腫瘍に対する最先端の医療体制を整備しています。例えば、ロボット支援下手術や進行性腎がんに対する分子標的薬治療、化学療法感受性診断システムを用いた膀胱がん治療、早期前立腺癌に対する小線源治療、強度変調型外照射治療などです。
    患者さんの負担の少ない低侵襲治療にも力を入れており、上部尿路結石に対する体外衝撃波結石破砕治療、副腎腫瘍、腎腫瘍、腎移植ドナーなどに対する体腔鏡下手術、外来化学療法室における日帰り化学療法などを行っています。
    各種臨床研究、治験も行っております。

  • 病棟では薬物治療や手術治療、検査などを受けられるために入院された患者さんに対して、病棟医長のもと3つのグループから成る組織を構成し、それぞれに機能的なチーム医療を行っています。入院では尿路性器腫瘍・尿路結石症などに対する治療、腎移植を含めた腎不全に対する治療、先天性尿路疾患に対する形成術などが主なものです。
    尿路・生殖器の悪性腫瘍に対しては、画像診断・病理診断を基により適切な治療法の選択に心がけており大きな治療効果を上げております。特に、進行性腎腫瘍に対する手術療法、免疫療法を含めた集学的治療、感受性に基づいた膀胱腫瘍に対する化学療法などの治療におきましては国内外で高い評価を得ています。ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術は、年間約100件、前立腺小線源治療は、年間約50件を施行しています。手術件数の多い疾患におきましてはクリティカルパスを導入し、医療行為の安全性の確保と治療精度の向上に努めています。また、治療を行なう際には、患者さんの生活の質の改善を最重要課題の1つと考えており、個人の遺伝子情報に応じたオーダーメードな医療の実現に向けた取り組みにも積極的に参加しております。


ページトップ