医科
眼科

  • 当科では角膜疾患、白内障、緑内障、斜視、弱視、糖尿病網膜症、ぶどう膜疾患、網膜・脈絡膜疾患、網膜剥離、神経眼科疾患その他の眼科疾患全般の診療を行っております。更に、眼鏡、コンタクトレンズ、義眼の処方なども行っています。
    白内障の分野では、従来の半分以下の切開から手術ができ、術後乱視を減らすばかりでなく、感染のリスクを軽減しうる最新の手術法による手術を行っています。
    円錐角膜や種々の角膜疾患後の角膜混濁に対しては角膜移植を行っています。
    緑内障に対しては、最新の緑内障検査機器を用いて診断および経過観察を行っております。また、治療に際しては、病型、病期、年齢、視野障害の進行度などに合わせた目標眼圧を設定し、患者様それぞれに適切な点眼、手術等を選択しております。
    幼児や小児、児童の斜視・弱視に対しては、視能訓練士の協力のもとに、眼鏡の装用による視力向上や手術による眼位の矯正を図り、両眼視の達成を目指し、長期の経過観察を行っています。糖尿病網膜症に対しては、当院第一内科「糖尿病外来」と連携し、患者様への啓蒙活動を踏まえ、糖尿病の全身管理を図った上で、外来でのレーザー網膜光凝固あるいは入院による網膜硝子体手術を行っています。
    加齢黄斑変性、網膜細動脈瘤などに対しては、眼底血管撮影の上、レーザー光凝固および光線力学的療法を行っています。また遺伝性の網膜・脈絡膜の変性疾患に対しては、最新の機器を使った電気生理学的な検査を行い、さらには遺伝相談も受けております。また、手術によって治療が可能な網膜・脈絡膜疾患に対して、積極的に手術治療を行っています。
    網膜剥離は入院手術が主であり、また黄斑円孔や黄斑上膜に対しても、視力の改善に向けて硝子体手術、内境界膜剥離術などの繊細な最先端の手術を行っています。
    神経眼科疾患とは、脳や神経の病気で視力や視野が障害されたり、複視を生じたりする疾患のことです。従って、脳神経外科、神経内科、小児科、耳鼻科、口腔外科など他の診療科と関連が深く、連携して診療にあたっています。
    その他、眼瞼腫瘍の切除や眼瞼、義眼台、涙道の形成手術なども行っております。

  • 眼科は、附属病院の移転後201910月から矢巾附属病院と内丸メディカルセンターの2つの病院で手術を行っています。

    矢巾附属病院では眼科診察室および検査室のある東棟8Bブロックがメインの病棟ですが、他の病棟に入院して頂く場合もあります。矢巾附属病院での手術対象は、白内障、緑内障、角結膜疾患、網膜剥離、網膜・黄斑疾患、糖尿病網膜症、斜視、小児眼科、涙道疾患、眼瞼疾患、眼外傷などほとんどの分野を網羅しています。特に内丸メディカルセンターでは対応できない緊急手術や全身麻酔が必要な手術、長期の入院期間が予想される場合、入院中に眼科以外の病気の管理や治療が必要な場合、薬物療法を行う際は矢巾附属病院入院での治療となります。矢巾附属病院の予定入院期間は白内障が片目で3日、緑内障や網膜疾患が約1週間など病気により異なります。眼科手術件数は201910月から2020年3月末まで半年間で842件でした。

    一方、内丸メディカルセンターでは、主に1日入院(日帰り)か1泊2日の入院期間での予定手術に特化しているため、対象となる病気を絞って手術を行います。現在は、白内障手術、翼状片手術、まぶたの手術、網膜疾患の手術などを行っています。眼科手術件数は201910月から2020年3月末まで半年間で427件でした。

    近年の眼科手術は手術技術の進歩や手術機械の発展により、手術侵襲が少ない安全性の高い手術が可能になっていますので、当科でも最新の手術機械を揃え、スタッフも高い手術技術を維持できるように日々精進しております。現在、多くの患者さんを紹介して頂いている状況でもありますので、白内障予定手術までの待ち時間が、両病院共に2~3か月程度となることもありますが、出来るだけ早期に手術を行えるように心がけております。

    最後に眼科では、メインの外来診療・検査は内丸メディカルセンターで行うこととさせて頂いています。そのため矢巾附属病院で手術・治療を行う場合は、手術や治療前後の診察・検査は内丸メディカルセンターで行いますので、病院間の移動や手続きなどでご不便をお掛けしている状況ですが、どうかご協力いただけますようにお願い申し上げます。


ページトップ