医科
耳鼻咽喉科

  • 当科では耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頸部疾患全般の診療を行っております。

    −対象疾患−

    耳介軟骨膜炎、外耳道炎、外耳道損傷など外耳疾患、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎など中耳疾患、突発性難聴、騒音性難聴、小児難聴、 老人性難聴など内耳疾患、メニエール病、前庭神経炎、良性発作性頭位眩暈症など眩 暈疾患、聴神経腫瘍、グロームス腫瘍などの腫瘍

    慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、術後性頬部嚢胞、鼻出血、鼻腔副鼻腔腫瘍など

    口腔

    慢性扁桃炎、扁桃肥大、口内炎、舌炎、味覚障害

    咽頭

    アデノイド肥大、咽頭腫瘍、睡眠時無呼吸症候群

    喉頭

    声帯ポリープ、ポリープ様声帯、喉頭肉芽腫など

    頸部

    正中頸嚢胞、側頸嚢胞、唾石症、唾液腺腫瘍など

    耳鼻咽喉科では臨床耳科学および聴覚医学に関する研究が主体であり、突発性難聴やメニエール病などの急性感音難聴や真珠腫性中耳炎などの中耳疾患に関する研究を行っています。変動する感音難聴に対しては精密な画像検査と長期観察を行い予後について検討しております。突発性難聴など急性感音難聴に対しては循環改善剤、ステロイド等による薬物療法と高気圧酸素療法を行い効果をあげております。小児難聴外来では先天性、遺伝性難聴を中心に聴覚管理、治療を行っており、30年以上にわたる実績があります。補聴器外来では語音聴力検査、UCL、MCLを検査し、専門医による補聴器のフィッティングを行っています。また両側高度難聴の患者様に対しては人工内耳埋め込み術を施行し、言語獲得のリハビリを行い、小児例においても言語の獲得に成功しております。さらに残存聴力活用型人工内耳(EAS)、人工中耳(VSB)、骨導インプラント(BB)など最新の人工聴覚器手術の実績を有しております。
    鼻疾患については内視鏡下鼻内手術を行っており、従来の鼻外手術に比べ患者様の身体への負担を少なくしています。アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎などの鼻疾患による鼻閉に対しては鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介骨切除術、レーザー照射により良好な成績を上げております。

     

  • 当科の担当する病棟は西病棟8階Aです。他に突発性難聴、眩暈症、真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎、慢性副鼻腔炎、鼻出血などの患者様が入院しています。手術件数は年間350件以上で、多岐にわたる疾患の治療を行っています。長期挿管例に対しての気管切開術(呼吸器・アレルギー・膠原病内科、神経内科・老年科、小児科など)、聴神経腫瘍や錐体尖真珠腫の開頭(脳外科)など他科と連携して治療を行うことも多く、計画的かつ迅速に対応しています。しかし岩手県内における難易度の高い手術を一手に引き受けており後送病院も少ない現状のため、入院待ち時間が長くなるケースもありますが、丁寧な質の高い医療を提供するよう心がけております。病棟の看護体制は看護師25人看護補助1人の計26人で構成されており、7:1の看護基準を満たし、ベットサイドケアに重点をおき、患者様の心のやすらぎを大切にした思いやりのある看護サービスを提供しています。また、患者様が安全、安楽な療養生活ができる環境づくりに努めています。


ページトップ