医科
形成外科

  • 形成外科は身体外表の異常や悩みを機能及び整容的に改善することを目的とした専門診療科です。対象疾患は大きく(1)外傷、(2)先天異常、(3)腫瘍、(4)美容外科に分かれます。具体的には、(1)熱傷、顔面外傷(顔面骨骨折や皮膚・軟部組織・神経などの損傷)と手足の外傷(皮膚・軟部の組織損傷や欠損、腱・神経・血管などの損傷、切断指再接着)、(2)唇裂・口蓋裂に代表される頭蓋顔面の先天異常(小耳症などの耳介変形、眼瞼下垂、頭蓋縫合早期癒合症などの頭蓋変形などが含まれます)、手足の先天異常(多指症、合指症など)及び体幹その他の先天異常(漏斗胸、突出臍、外陰部異常など)、(3)母斑・血管腫・良性腫瘍、悪性腫瘍ならびにそれに関する再建、瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド、褥瘡・難治性潰瘍(放射線潰瘍、骨髄炎後の潰瘍など)、(4)美容外科(重瞼術、顔面しわ取り、骨形成など)に細分化され、その内容は多岐にわたり、全身の外表変形のほぼすべてを治療対象としています。
    以下に代表的疾患に対する当科の取り組みの一部を紹介します。

    唇裂・口蓋裂

    小児科、耳鼻科、歯科医療センター矯正歯科などとのチーム医療を展開し、口唇鼻変形の修正から顎育成の改善に至るまで、成長を考慮した総合的な治療を行っております。唇裂、口蓋裂手術に対してはクリニカルパスを導入しており、短い入院で効率のより治療を行っています。

    眼瞼下垂

    先天性及び老人性の下垂は視野が狭くなることがあり全身的症状につながることがあります。局所麻酔の手術で修正できる方法を行っています。

    母斑、血管腫、刺青

    レーザー治療を行っております。その特徴は傷跡をあまり残さず、色調を薄くすることにあります。

    悪性腫瘍や外傷、難治性潰瘍などによる組織欠損

    血流を有する組織(皮弁)による充填や被覆が有用であり、現在まで、多くの皮弁が開発されております。我々の施設ではより良い再建結果が得られる様、従来の皮弁に加え、新しい皮弁の開発や手技の改良に取り組み、成果を挙げております。ある程度以上の組織欠損には、血管吻合により遠隔部より皮弁を移植する遊離皮弁が行われますが、これにはマイクロサージャリーの技術(顕微鏡下の微小外科技術)が用いられています。欠損周囲に皮弁を求めづらい舌癌や喉頭癌をはじめとする頭頸部癌の再建、四肢の再建、顔面神経麻痺に対する神経血管柄付き筋肉移植による動的再建などに生かされています。

    リンパ浮腫

    最近のマイクロサージャリーの進歩により、0.5mm程度の細い血管の吻合が可能になってきました。これを応用し、リンパ管細静脈吻合術を行っております。本法は、本来胸管レベルで静脈に流入するリンパ流を、浮腫のある末梢レベルでのリンパ管と静脈の吻合により還流させるものであり、腫瘍切除などに起因するリンパ浮腫の治療に成果を挙げています。

    漏斗胸

    金属バーを用いた胸郭矯正法であるNuss法を基本とした方法により、より少ない侵襲で修正が行えるようになっております。重大な合併症を避けるため、バーの挿入には内視鏡技術を用い、安全性を高める工夫を行っております。

    頭蓋顎顔面変形や四肢の骨性変形

    通常の骨切り術や骨移植術の他に骨延長の技術を応用し、骨移植等を出来る限り行わず変形の改善を得るなどの成果を上げております。

    乳房再建

    シリコンプロテーゼを用いた乳房再建と自家組織による乳房再建いずれの方法も行っております。専門外来では女性医師が担当し、時間をかけた丁寧な説明と患者さんのプライバシーを尊重した診察を心がけております。

    血管奇形(静脈奇形、動静脈奇形、リンパ管腫)

    当院は全国的にもまだ数が少ない血管奇形の専門治療施設となっており、県内唯一の施設です。体に負担が少なく先進的な治療法である径皮的硬化療法をはじめ、外科的切除やカテーテル治療などを組み合わせて総合的に行っています。いわゆる血管腫の中でも、従来のレーザー治療では治療困難である疼痛、腫脹、醜状変形などを伴った血管奇形について治療を行っています。

    救急診療

    交通事故や産業災害などに伴う顔面外傷骨折、軟部組織損傷、切断指再接着など随時受け入れております。

    内視鏡下手術

    当科では皮下腫瘍や異物の摘出、顎顔面外科、組織の採取や皮弁の挙上、乳房プロテーゼの挿入などに応用し、できる限り見える傷を縮小するよう努力しております。

  • 当科の担当する病床は中病棟6階(約26床)です。その他に、他科関連の疾病の患者さんを、適宜他科と合同で受け持っております。病棟医長のもとチーム医療を主眼として患者さんと密着した診療を心がけています。
    当科の手術件数は、入院・外来患者さんの合計で年間約1,000件に上ります(2013年)。この中で、唇裂・口蓋裂の治療では初回手術・二次修正を合わせ、年間85件の実績を有し、その他の先天異常の手術も含めると、年間172件に上っております。また顔面外傷に対する手術は98件、良性腫瘍の手術はレーザー治療を含め約400件を数えております。その他、悪性腫瘍の切除とそれに関連する再建は他科入院の手術を含めると約90件、褥瘡・難治性潰瘍などが30件の実績を上げております。また、瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイドの手術も年間44件を数えます。
    病棟での看護体制は、看護婦42名が担当し、医師と連携のもと、安全で優しい看護に心がけております。


ページトップ