医科
外科

  • 外科では、一般外科、消化器外科、内分泌代謝外科、小児外科を専門に診療を行っています。専門性を高めるために、診療では、上部消化管、下部消化管、肝胆膵、乳腺、小児外科チームに分かれていますが、互いに連携しながら体に負担の少ない手術の実践と高度医療の実現に努めています。

    「上部消化管」チーム食道癌に対する胸腔鏡下手術
    食道癌の集学的治療と侵襲軽減を目指した周術期管理
    胃癌に対する腹腔鏡下手術
    高度肥満症に対する腹腔鏡下手術
    高度進行胃癌に対する集学的治療
    胃GISTに対する腹腔鏡下手術(reduced port surgery)および薬物治療
    甲状腺良性疾患に対する内視鏡下手術「下部消化管」チーム大腸癌に対する腹腔鏡下手術
    炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対する腹腔鏡下手術
    直腸癌に対する肛門温存手術
    治癒切除不能進行大腸癌に対する化学放射線療法
    ストーマ造設と管理「肝胆膵」チーム肝疾患に対する腹腔鏡下手術
    胆嚢総胆管疾患に対する腹腔鏡下手術(reduced port surgery)
    膵疾患に対する腹腔鏡下手術
    脾疾患に対する腹腔鏡下手術(reduced port surgery)
    副腎疾患に対する腹腔鏡下手術(reduced port surgery)「乳腺」チーム乳房温存手術
    術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検と腋リンパ節郭清省
    乳房再建術
    化学療法・分子標的薬による薬剤感受性や効果予測に関するバイオマーカーの検出「小児外科」チーム小児外科疾患に対する腹腔鏡下手術(reduced port surgery)
    超低出生胎児における消化管穿孔症例のintact survival rate改善を目的とした腸管虚血の早期診断

  • 当科は、消化管・肝胆膵脾などの消化器疾患から、高度肥満症・乳腺・甲状腺・副腎などの内分泌代謝疾患、さらには小児外科分野における疾患まで、広範な領域における様々な疾患の診断及び治療を担当しています。手術件数は年々増加しております。中でも当科の特徴としては、低侵襲性を目指した内視鏡下手術の積極的な導入があげられます。適応疾患は、胆嚢、肝臓、胃、大腸、食道をはじめ甲状腺、乳腺、副腎に至るほぼすべての疾患におよび、それぞれ優れた成績を収めています。
    また、がん治療においては、手術のみならず化学療法や放射線療法などを組み合わせた「集学的治療」を積極的に行っています。「標準治療の実践」は勿論ですが、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)に参加してる食道癌、胃癌、大腸癌の各グループをはじめ、多くの臨床試験に参加し、新たながん治療の開発にも貢献し、最新の医療を提供できるよう心がけています。
    更に、「岩手医大緩和ケアチーム」と協力して、がん治療を受けられている方々がよりよい生活を送ることができるように努めております。


ページトップ