医科
糖尿病・代謝・内分泌内科

    • 糖尿病・代謝・内分泌内科では、糖尿病をはじめとする生活習慣病と内分泌疾患の診療を行っています。
    • ライフスタイルの欧米化にともなう高脂肪食の浸透や、運動不足といった生活習慣の変化によって、糖尿病、脂質異常症、肥満症、メタボリックシンドロームといった生活習慣病が急増しています。岩手県の糖尿病患者の割合は全国でも7番目に多く、また肥満者の割合も高いことから県全体で取り組まなければならない大きな問題です。
    • 糖尿病は症状がないため軽く見られがちですが、管理・治療の目的は合併症の予防にあります。糖尿病の期間と血糖値の高さに比例して、網膜症や腎症、さらに心筋梗塞や脳梗塞の危険が上昇します。しかし、こうした血管の合併症が出現しなければ、糖尿病があったとしても健康な日常生活をおくることが可能です。このためには検診で見つかるといった早い段階で病院を受診し、すみやかに治療を開始することが重要です。残念なことに、合併症の進行した患者さんには、血糖異常を放置していた、あるいは治療を中断したことのある方が多くみられます。こうした状況の改善を目指して、私たちは専門の看護師や栄養士らと連携しながら、分かりやすく丁寧な診療を心がけるとともに、最先端の技術を導入した診療を行っています。
    • また下垂体、甲状腺、副腎などの内分泌疾患の診療を行っています。ホルモンの過剰や欠乏に伴って特徴的な症状を呈する患者さんや、若年発症あるいは治療抵抗性の高血圧を呈する患者さんに対して、内科的診断に必要な各種負荷試験、外科的治療前の評価等を行います。その後ホルモン補充療法など患者さんの生活を維持するための治療を継続し、必要な生活指導を行っています。
    • 入院治療は矢巾の新病院にて、検査入院や糖尿病教育入院、合併症治療入院などを行っており、入院期間の相談にも応じています。外来は内丸メディカルセンターにて、糖尿病外来、内分泌外来、肥満外来を午前・午後と行っており、新患は平日14時まで受け付けています。
    • 当科の入院患者様は東9A病棟で治療を行います。
    • 血糖コントロールが不良の患者様や糖尿病合併症の重い患者様は入院して検査や治療を行います。
    • 毎週、診療スタッフ(医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師)のミーティングを開いて、患者様一人一人の治療方法を相談します。木曜日の午後には教授はじめ全員で回診を行います。
    • 糖尿病は食事・運動などの自己管理が必要な疾患で、そのために必要な知識も身につける必要があります。糖尿病について学び、合併症の状況を検査することを主な目的とした教育入院プログラムを用意しています。
    • 教育入院の講義・実習予定表
      <教育入院>
      月曜日午前入院→翌週金曜日退院(入院日数12日間)
      2週間の入院期間で患者様に糖尿病を理解してもらいながら合併症などを検査していきます。
      プログラム:食事体験、各職種(看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師)による糖尿病教室、各種検査(腹部CT、頚部エコー、冠動脈石灰化スコア、採血及び尿検査、24時間持続血糖測定)、状態に応じて各専門診療科への紹介

      <週末短期入院>
      土曜日午前から月曜日午前(週末の2泊3日)
      プログラム:検査(採血及び蓄尿検査、動脈硬化検査、24時間持続血糖測定)や食事体験、栄養指導を受けることが可能です。わずか3日間の入院ですが、その後の血糖コントロール改善効果は高く、多忙で入院期間が十分に確保できない方にお勧めです。
      ※短期教育入院は第1・4週のみとなります。

    • 数日間の入院で、内分泌疾患の患者様に必要な負荷試験を行っております。

ページトップ