入院費のお支払い

会計について

退院患者さんの医療費は退院時に請求させていただきます。

入院中の患者さんの医療費は毎月1日から月末までの分を翌月の10日前後(土・日曜の場合は月曜に、祝祭日の場合は翌日)に請求書をお届けしますので、請求後5日以内に診療費支払機または会計窓口にて現金・キャッシュカード・クレジットカードいずれかでお支払いをお願いします。銀行振込をご希望される方はお申し出ください。
1階会計窓口の取扱時間は次のとおりです。

取扱時間 平日8:30〜17:00
第1・4土曜日8:30〜12:30(祝祭日、第2・3・5土曜日は除きます)

医療費について

医療費は、健康保険法で定められた方法で計算し、患者さんの加入している保険の負担割合に応じた金額をお支払いいただきます。

当院では、「入院医療の包括評価による点数」により計算いたします。

「入院医療の包括評価」とは厚生労働省が定めた、「病気・病状により分けられた診断群分類」で「患者さん一人一人の病気・病状をもとに処置等の内容に応じて定められた1日あたりの定額を入院日数に応じて計算する方式」に手術等の個々に計算された額を加える計算方法です。なお、分類毎に定額で計算される日数が定められていますので、その日数を超えた場合は、診療行為毎に定められた額により計算する方法に変更になります。また、病気・病状により1日定額ではなく全ての診療行為毎に定められた額により計算される場合もあります。

特別療養環境室料について

個室または2床室に入院する場合は、別に特別療養環境室料をお支払いいただきます。

選定療養費について

厚生労働大臣が定める療養を除き、同一の傷病で通算入院日数が180日を超えた場合、選定療養費として自己負担額が1日につき2,590円(消費税込)〈令和元年10月1日より2,834円(消費税込)〉となります。但し、入退院を繰り返す場合、前回の退院日から今回の入院日までの間が3ヶ月以上空くと、今回入院日からの日数で計算となります。

領収書について

領収書は所得税の医療費控除を申告するときなどに必要となります。領収書の再発行は行っておりませんので、大切に保管してください。なお、明細書の発行を希望されない場合はお申し出ください。

誓約書について

諸事情によりお支払いが滞る場合には、誓約書を提出していただくことがありますのでご了承願います。

当院では、医療費のお支払いにカードをご利用いただけます

◆ご利用可能なカードの種類

  • キャッシュカード/J-Debit
  • クレジットカード/JCBカード、DCカード、VISA カード、マスターカード、日専連カード
※カードには、ご利用限度額が設定されております
限度額の範囲内でのご利用となりますので、ご自身のご利用限度額をご確認の上、必要な場合は事前にご契約のカード会社へ限度額の引き上げをご相談ください

◆クレジットカードのお支払い方法

一括払い・分割払い(3回~、ボーナス併用払い)・リボルビング払い(定額分割払い)があります。
※2回払い・ボーナス一括払いはお取り扱いしておりません。


ページトップ