入院時の持ち物

入院される前の準備について

  1. 入院前からお飲みになっているお薬は、入院中の病状や治療内容によってお薬を変更または中止していただくことがありますので、市販薬を含めて現在使用中のお薬を担当看護師にお知らせください。
  2. 他の医療機関よりお薬を処方されている患者さんは、できる限り薬剤情報提供文書(お薬の説明書)、あるいはお薬手帳をご持参いただきますようお願いいたします。
  3. 洗面用具、タオル、バスタオル、取手付コップ、院内用の内履き(スリッパは滑りやすく脱げやすいため転ぶ可能性がありますので、履きなれた運動靴等をご準備ください)、下着等最小限の身の回り品を用意してください。※ナイフやハサミ等鋭利なものの持込みは危険を伴う場合がありますので、原則お断りさせていただきます。当院では病衣(パジャマ)を有料で貸与しておりますのでご利用ください。なお、ご自分で用意されたパジャマを使用されても構いません。また、一般病室には有料のテレビを設置しておりますので、使用される場合にはイヤホンをご準備ください。
  4. お産で入院される方の持ち物は、産婦人科外来で詳しく説明いたします。
  5. 盗難防止のため多額の現金や貴重品はお持ちにならないでください。現金や貴重品はお預かりできません。紛失や盗難については責任を負うことができませんので、ご了承ください。必要最低限の現金(テレビカード、消耗品の購入等)であればベッド横の床頭台にセットされている貴重品ボックスにて保管いただけます。貴重品ボックスの鍵は患者さんに管理していただきますので、盗難防止のため、詳しい使用方法については入院時に看護師の説明を受けてください。

持ち込みができる電気製品

電気シェーバー、スマートフォン、携帯電話、ノートパソコン、携帯ラジオ、DVD プレーヤー、ドライヤー
※ドライヤーは個室及び共用の洗面所でご使用可能です。

持ち込みができない電気製品

  1. 火災の危険があり、消費電力の大きなもの 電気ポット、トースター、電気毛布、電気あんか、電気ストーブ
  2. 感染源になる危険性があるもの 加湿器、空気清浄機

※病院内の電源はすべて当院で管理しており、外部から持ち込まれた電気製品を使用すると重大な障害が発生する可能性があるため、ご協力をお願いします。


ページトップ