ご意見への回答
令和3年度3月

ご意見等

  • 15歳以上の入院は小児特定慢性疾患以外の場合は、基本小児病棟ではなく一般病棟への入院となり、家族の付き添いも出来なくなるが、中には全介護などが必要で親の付き添いがないと安全に入院できない子どももいるため、小児慢性特定疾患に該当しないからという理由だけで、年々医療ケアも増えてきている状態の子どもでも付き添いが出来なくなることには納得が出来ない
  • 看護師さんも忙しそうで、十分な対応をしてもらえないケースもこれまでにあったため、付き添いをした方が子どもの情緒・安全、看護師さんの仕事の軽減にもつながることから、病院としての危険に対するリスクも考え、15歳以上だから一般病棟入院ではなく、小児病棟入院が出来るようにするか、一般病棟入院でも、子どもが何も訴えられずに親じゃないと分からないことがある親子に関しては、家族からの要望がある方は付き添いを許可してもらえるようにしてほしい

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、看護師の対応含め、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
入院する病棟に関しましては、ご指摘のとおり、小児慢性特定疾患をお持ちでない場合、15歳を超えると基本的に小児病棟に入院することが出来ません。これは、当院のみで解決することが難しい問題で、厚生労働省が小児入院施設基準を「小児病棟は15歳未満専用であること」と定めています。ただし、小児慢性特定疾患をお持ちの方は20歳まで小児病棟への入院が認められております。問題は、日常ケアの把握や実施のためにご家族の付き添いが必要な「小児慢性特定疾患をお持ちでない方」と「20歳を超えた方」です。現在当院では「15歳未満専用」を柔軟に解釈させていただき、小児病棟全体の入院患者数の1割程度を上限として、そのような患者様も小児病棟へ入院していただいております。しかし、上限をこれ以上超えることは入院施設基準により許可されておりません。そこで付き添いをご希望される上記の方は、一般病棟の個室をご利用いただいておりますが、新型コロナウイルス等の影響により、個室の空きがない場合もあるため、大変ご迷惑をお掛けしております。申し訳ありません。
一般病棟に入院いただける場合には、原則付き添いはお断りさせていただいておりますが、主治医が必ず診察に伺い、病棟スタッフと密に情報共有しております。これにはメリットもあり、成人した患者様の自立を促すことや、24時間ご家族が付き添うことの身体的負担を軽減することにもつながります。入院中は自宅での介護とは異なりますので、付き添われているご家族の健康維持も医療者として大変心配しております。
矢巾附属病院では、内科系・外科系・歯科を問わず、さまざまな科のお子様が入院しているため、ご指摘いただいたように、時には看護ケアが迅速に出来ていない場合があるかもしれません。そこで医師は、吸痰やより高度な医療、頻回の観察が必要と判断した場合には、早めに集中治療室に移動いただくことで、治療の遅れや見逃しのないようにしておりますので、ご理解頂けますと幸いです。


ご意見等

  • リハビリテーション室の機器について、現行は医師の許可がなければ利用出来ないようになっているが、空いている時は医師の許可がなくても利用出来るよう検討してほしい

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。
御指摘のとおり、当院のリハビリテーション室は、当院入院中で且つ各科主治医よりリハビリテーション治療が必要と判断された患者のみが治療目的で使用可能となっております。また、同室にございます機器も全て同様となっております。
上記のようにしなければ医療上の必要性はもちろんのこと、医療安全面を保つことが困難となるため、当院の運用にご理解いただけますようお願いいたします。 


ご意見等

  • 医大と盛岡市内を結ぶバスが1時間に1本というのは非常に利便性を損なっているように感じる
  • 30分に1本のペースで来ると利便性が改善されるのではないか

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。
路線バスの運行ダイヤにつきましては、患者様のご意見を踏まえ、利便性の向上に向け、継続してバス会社へ要望してまいります。患者様にはご不便をお掛けする面もあるかと存じますが、ご理解頂けますと幸いです。


ご意見等

  • トイレの扉の内側に飛び散ったような汚れが付着していたため、壁に貼っている掃除のチェック項目に入れて掃除してほしい

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
トイレの扉につきましては、毎日の清掃実施箇所としておりましたが、ご指摘のとおりチェック項目には含んでおりませんでした。
今後は、チェック項目にドア扉を追加し、清掃時の見落としが無いよう、外来・病棟の清掃スタッフ責任者に指示し、清掃してまいります。


ご意見等

  • 病棟受付スタッフにパジャマの変更を依頼したが2時間待っても対応してもらえず、看護師にお願いしたらすぐに対応してくれた
  • 病棟受付スタッフに看護師への伝言を依頼しても、看護師へ伝わっていない
  • 同じ事を2~3名の看護師に説明することがあり、非効率で時間のロスを感じた

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
病棟受付スタッフの対応につきましては、患者様からのご要望を承った際、時間を置かずに担当看護師に伝えることとしておりますが、スタッフの伝え方に問題がございました。今後は、担当看護師に口頭で伝えるほかに、メモを渡すこととし、時間を記したうえで正確に伝えるよう対応してまいります。また、看護師への伝言につきましても、患者様からのご要望の伝達同様に、伝え忘れのないようメモを活用して対応してまいります。
看護師の対応につきましては、朝の申し送り後トップリーダーとリーダーが全部屋をラウンドし、患者様の状態把握に努め、各看護師ペアと情報共有を行っておりますが、患者様からの問い合わせに適切に対応出来ていないことが分かりました。今後は、患者様が安心して入院生活が送れるよう多職種連携を強化し、適切な対応がスピーディーに出来るスタッフの育成に努めるとともに、看護師の接遇と応対についても振り返りを行い、思いやりのある看護が実践出来るよう指導してまいります。


ご意見等

  • 小児外科の待ち時間が長い
  • 交換する器具の準備を忘れていて交換出来なかった
  • 持ち帰り物品の内容の説明がなく、持ち帰り可のものと否のものが分からない

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
この度頂きましたご意見を真摯に受け止め、現在、体制の整備に向けた検討を進めております。


ご意見等

  • 入院日も手術予定日も決まっている中、事前検査を矢巾で行ったり、内丸で行ったりと日によって病院が異なる状況は、患者にとっては負担であるため、改善してほしい

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様にご不便をお掛けし、誠に申し訳ありません。
岩手医科大学附属病院・内丸メディカルセンターでの診療および検査体制につきましては、病院側の都合で患者様にご不便ご負担をお掛けする面もあり、誠に申し訳ありませんが、ご理解いただけますようお願いいたします。


ご意見等

  • 正面玄関の建物と屋根との間がほとんど隙間となっており、床に雨が吹き込んでくる
  • 雨が吹き込むと滑りやすいことから、一部コーンにより通行禁止となったが、工事現場のようでみっともない

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。
当院は地震対策のため、免震構造となっており、大地震発生時には最大55cm移動する可能性がございます。そのため、建物周辺には、この動きを妨げるような物を設置することが出来ず、正面玄関庇部分は免震建物との取り合い部分のため、建物との間に隙間が設けられております。
ご指摘頂きましたとおり、正面玄関風除室前は、雪や雨の吹き込み、庇等からの落雪により、床面の凍結が確認されておりました。そのため、早期に且つ効果的に通行者の安全確保を行うため、カラーコーンを設置すると共に、係員によるお声掛けを実施させていただいている状況でございます。
しかしながら、良好な景観の形成につきましても、重要であると認識しておりますので、安全性との両立について引き続き検討させていただきたいと考えております。


ご意見等

  • 正面入口横の板張りの座席について、さまざまな状況の方が長時間座っているため、座面を板張りではなく、クッション等を設置して安心して座れるようにしてほしい
  • 病状説明等の後に、説明した医師等とトクタヴェールの食堂やコンビニで一緒の空間に居るのが苦痛に感じることもあるため、患者さんと医師等が同じ空間を使用することに抵抗を感じる

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
正面入口横の座席につきましては、みなさまが安心してご利用できるよう検討を進めてまいります。
職員のトクタヴェールやコンビニの利用につきましては、当院敷地内で食事をしたり、飲食物を購入出来る場所がトクタヴェールしかないことと、患者様やそのご家族、職員や地域住民の方などがご利用出来る場所としてトクタヴェールを開業しておりますので、さまざまな方がご利用されることにご理解いただけますようお願いいたします。


ご意見等

  • 入院中、棚の上や電灯の上にホコリがたまっているため、患者さんが居るときは難しいと思うが、定期的に掃除したほうがよいと思う

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
病室の棚の上や電灯の清掃については、退院した際に行っておりますが、患者様が入院中の場合は床清掃のみ行っております。
理由といたしましては、ご指摘のとおり、患者様がいらっしゃる状況で清掃作業を行いますと、ホコリがベッドやベッドまわりのお荷物等に落ちてしまう可能性があることから実施が困難と考えているためです。しかしながら、ご要望いただければ臨機応変に対応させていただきたいと考えておりますので、病棟スタッフへお声掛けいただけますと幸いです。 


ご意見等

  • コロナ禍にもかかわらず、病院への出入りがスムーズすぎることに恐怖を感じている

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。
当院では、感染対策を実施しながら、来院される方々に出来るだけ不便のないよう配慮するため、現在入口を一ヶ所に制限させていただき、職員による症状確認を強化させていただいております。また、有熱者の対応や入院前の症状確認などの徹底にも努めております。
ご来院の皆様にも手指消毒やマスクの着用にご協力いただくことで、感染のリスクを最小限に抑えられていると考えておりますので、今後もご協力をよろしくお願いいたします。。


ご意見等

  • 病棟シャワー室の利用について、自分の予約時間の前が空いていたので、「予約時間より少し早く利用出来ないか」看護師に確認したところ、強い口調で「ルールですからダメです。入った後に私が入る予定だったと言われたらどうしますか?」と言われ、非常に不愉快だった

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
当院では、入院時の病棟でのオリエンテーション時にシャワーの利用方法についてご説明しており、利用時間を1人30分としておりますが、患者様の状態により、その限りではございません。
また、患者様の平等性を保つために時間的ルールを決めておりますが、今後ご指摘の様な対応をすることがないよう、患者様から申し出があった際、理由を十分に確認したうえで対応するとともに、患者様にご納得頂ける説明を行うよう教育してまいります。


ご意見等

  • 洗面台の流しが浅いので、腰をかがめてうがいをしても、まわりに水がはねてしまい衛生的ではないのではないか
  • 手洗いのところのような深い流しだとそのような心配がないのではないか

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。また、患者様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありません。
ご指摘いただきました洗面室の洗面台につきましては、新病院建設時に病院内で衛生面や使い勝手等の検討を十分に行い、車椅子の患者様がご利用しやすい形状とすることといたしました。そのため、車椅子の患者様が洗面や歯磨きをご自身で行えるよう、足元空間を広く確保する目的からシンクが浅い洗面台となっております。
上記洗面台の他にも、病院施設におきましては、小さなお子様からご高齢の方まで様々な患者様が共通の設備をご使用されるため、皆様が安全かつ円滑にご使用いただけるよう配慮しておりますので、ご理解いただけますようお願いいたします。


ご意見等

  • 便座の温度が低いところがあるので、対応してほしい

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。
トイレの便座につきましては、体感温度に個人差がある状況のため、患者様からの申し出の都度、ご利用を希望されるトイレの便座の温度調整を行っております。
患者様にはお手数をお掛けし申し訳ありませんが、今後も患者様からの申し出毎に調整を実施させていただきたいと思いますので、温度調整のご希望がございましたら、病棟スタッフにお声掛け頂きますようお願いいたします。


ご意見等

  • 膠原病全般の診療経験が豊富な専門医を早急に常駐させてほしい

当院の対応

貴重なご意見ありがとうございます。膠原病内科につきましては、5月の連休後から新しい体制で診療を開始する予定となっております。診療開始まで御不便をお掛けする面もあるかと存じますが、ご理解いただけますようお願いいたします。


ページトップ